クラフトコーラとは?どんな味がする?クラフトコーラの美味しい味わい方や作り方などをご紹介

クラフトコーラに興味があるけれど、まだ飲んだことがないという人もいるのではないでしょうか。
クラフトコーラの中には市販されている商品とは味が大きく異なるものもあります。
商品によってそれぞれ味に特徴があるので、自分の好きな味の商品を選んで購入するのが、美味しいコーラを飲むためのコツです。
多くの商品に使用されているのはスパイスで、スパイスの香りを楽しめます。
クラフトコーラの美味しい飲み方として人気があるのは、冷やした炭酸水で割って飲む方法です。

クラフトコーラは「手作りのコーラ」のこと

クラフトコーラとはつまり日本語で手作りを意味しますから、自分で作ることも可能なのではないでしょうか。
市販品にもクラフトコーラがありますが、これはどちらかといえば手作り風という意味に近いです。
ただ一般的なものと違って一工夫が加えられていたり、味わいが自然で個性が楽しめる魅力があります。
市販品のクラフトコーラはとても種類が多いですし、同じような原材料でも作り方や割合で味がかなり変わります。
つまり比較して違いを楽しむことができますし、自分の好みに合うものを探してあれこれ試すこともできるわけです。
クラフトコーラの基本的なレシピはネットで簡単に見つけられますし、アレンジのアイデアも手に入るので、自分で挑戦してみることもできます。
まずは市販されている商品の味を覚え、次にそれに近づけるように再現してみるのがおすすめです。
そこから自分好みになるように少しずつアレンジを加えて、他では手に入らないコーラを作ってみるのも良いのではないでしょうか。

クラフトコーラはどのような味がするのか?

クラフトコーラはどのような味がするのかですが、これは文章で説明することはなかなかに困難です。
プリンの味が知りたければ食べてみるのが一番だという諺がありますが、それと同じことがこのクラフトコーラにも当てはまると言えるでしょう。
もちろん、コーラという名称である以上は、多少なりとも市販製品に近いものであることは間違いありませんから、自動販売機とかスーパーで売っているような味だと言っても構いません。
しかし一方でクラフト製品であるからには近ければ近いほど良いとされるわけでもなく、それぞれに趣向を凝らしていることが多いです。
基本的な素材はシナモンとかカルダモンのようなスパイス類と、レモンやオレンジの果汁や果皮からの抽出物であり、それに適宜砂糖などの甘味料を加えてあります。
市販のコーラは例外なく炭酸飲料ですが、クラフトコーラは必ずしもそうではなく、無炭酸で賞味することが勧められる製品も少なくありません。

クラフトコーラを美味しく味わうポイント

クラフトコーラを美味しく味わうポイントですが、大手メーカーのコーラでもコカコーラとペプシがあってそれぞれにファンがいるくらいで、小規模なクラフトコーラの場合はメーカーによって全く異なる製品と言ってもよいです。
つまり、自分好みの製品を見つけることが最初のポイントと言えるわけで、逆に言えば最初に飲んだものが口に合わなかったからと言ってジャンル全体を毛嫌いする必要はありません。
次に、大手メーカーのコーラは基本的にそのまま飲む以外の飲み方はほぼ皆無と言えるでしょう。
しかしクラフトコーラは異なります。
多くは原液というかシロップの形で販売されており、冷蔵庫で冷やした上で何かで割って飲むことになりますが、何で割るかが次のポイントです。
普通の感覚では炭酸水ですが、これは普通ではあるものの唯一ではありません。
ミネラルウォーターでも構いませんし、コーヒーや紅茶、牛乳もよく使われています。
酒類で割る飲み方もあります。

クラフトコーラは手作りすることも可能

クラフトコーラというのはあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、クラフトビールは最近ではよく聞きますのでそこから類推できるでしょう。
大手の有名メーカーが作ったコーラではなくて、小規模な工房で作ったコーラのことです。
我が国では、ビールは勝手に手作りすると酒税法違反に問われる可能性が十分にありますが、コーラに関してはそのようなことはなく、自作することもできます。
製法はかなり企業秘密であってクラフトコーラの手作りなど難しいのではないかと思われるかもしれませんが、確かに完璧に同じような飲料を作り出すことは容易ではないものの、それらしきものであれば素人でもさほど難しいことではありません。
主な材料はシナモンをはじめとするスパイス類、レモンなどの柑橘類、砂糖等の甘味料、それに炭酸水で、スーパーでもごく普通に手に入ります。
手探りの部分が多いことで、逆に自分なりのレシピを調整する楽しみがあるということもできます。

クラフトコーラの味の決め手はスパイス

クラフトコーラとはスーパーでも売られているような有名メーカーによるコーラ飲料ではなくて、特に名も知られていないような小規模なメーカーによるコーラのことですが、この味の決め手はスパイスにあると言えます。
コーラに特に詳しくない人でもおそらく知っているでしょうが、メーカーの製法や材料は企業秘密で、パッケージを見ても正確なところは全く分かりません。
しかしあの独特の風味は何らかの香辛料に違いないということはだいたい想像がつきます。
クラフトコーラでも基本的なところは同じであって、作り手が考えるスパイスの種類やそのブレンドが味を決めることになるわけです。
よく用いられるのはシナモン・カルダモン・クローブ・バニラ・ジンジャーなどであり、これにレモンなどの柑橘類を加えて作られることが多くなっています。
当然ながらどの種類のスパイスをそれぞれどの程度用いるのかによって、大きく風味が異なってくることになるわけです。

クラフトコーラを作る際におすすめのスパイスはシナモン

クラフトコーラを手作りする際におすすめのスパイスはシナモンです。
これは肉桂という樹木の樹皮から得られる香辛料であって、世界最古のスパイスとも言われていますし、大航海時代においてヨーロッパの航海者がインドや東南アジアを目指した理由の一つが当然ながら香辛料を得ることでしたが、その代表格としても知られています。
ニッキと呼ばれることもありますがこれは言うまでもなく肉桂から来た呼び名です。
クラフトコーラでもおすすめの材料ではありますが、コーラは多種類のスパイスを混ぜ合わせた複雑な味や風味がその大きな特徴の一つですから、主要成分にはなってもこれだけで完成するわけでは決してありません。
他に用いられる香辛料には例えばカルダモン・クローブ・バニラなどがあります。
いずれもさほど入手が難しいものではなく、一般のスーパーでもごく普通に売られていますので、自家製クラフトコーラでの配合割合を考えるのも楽しいかもしれません。

クラフトコーラを作る際に必要な材料

クラフトコーラを作る際に必要な材料ですが、基本的なところを言えば、シナモンやカルダモンなどのスパイス類、レモンなどの柑橘類、砂糖やその他の甘味料となります。
思ったほどには複雑ではないとも言えますが、スパイス類は極めて多種多様な選択肢があって、ある程度一般的なものに限ってもこの他にクローブ・バニラ・ジンジャー・コリアンダー・ナツメグなどがあり、その分量とか比率まで言えばそれこそ無限大のレシピがあるわけです。
とは言っても別にクラフトコーラの場合は、自分自身を始めとしてごく限られた人だけに気に入ってもらえば十分なわけで、調合する楽しみがあると言えるかもしれません。
これらの材料を水とともに鍋に入れて煮出し、冷えた後に炭酸水を加えればクラフトコーラの出来上がりです。
一般的には炭酸水で割ることになりますが、別にこれにとらわれる必要はなく、下手物と思われるかもしれませんがコーヒーや牛乳で割る人もいたりします。

クラフトコーラが人気な理由

クラフトコーラなど初めて聞いたという人もいるかもしれませんが、別に今つくった造語ではなく最近になって人気が出てきている飲料です。
大手の有名メーカーのコーラではなくて、小規模に手作りされたコーラというような意味ですが、なぜこれが人気を集めるようになっているのか、その理由は何でしょうか。
いろいろな要素があるかもしれませんが、消費者の健康志向の高まりとか、大量生産品ではなく手作り感のあるもの、そして作り手の思いやストーリーが感じられるものに需要が大きくなっていることは間違いなく関係しています。
手作りや思いはともかくとして、コーラと言えば何かジャンクな飲料というイメージが強いかもしれませんが、少なくともクラフトコーラの主原料はシナモンを始めとする天然のスパイスやハーブ類であって、化学合成調味料のようなものではありません。
ジャンクどころか、むしろ体に良いというイメージを持たせることができた点も大きいです。

自分だけのクラフトコーラがつくれる

クラフトコーラとは大手メーカーが大規模に製造販売しているわけではない、比較的小規模なコーラのことを指しますが、実はごく一般の人であっても自分だけの独自のクラフトコーラを作ることは可能です。
似たようなものでもクラフトビールの場合は勝手に製造すると酒税法違反となる可能性がありますが、コーラに関してはそんなことはありません。
コーラのあの独特の味や風味は何種類もの香辛料やスパイスの混合物ですが、材料自体は通販で簡単に手に入るもので間に合いますし、ちょっとしたスーパーでも最近はごく普通に売られているケースも多いです。
カレー粉を市販品ではなくオリジナルで調合したことのある人には非常にイメージしやすいかもしれません。
基本的なスパイスはシナモン・バニラ・クローブ・カルダモンといったあたりですが、他にも加減するのは当然ありですし、配合する分量を変えるだけでも風味は大きく変わってきます。
この他、レモンやオレンジなどの柑橘類も使います。

クラフトコーラを使ったカクテルレシピ

若い世代を中心に、新感覚の飲料水に人気が集まるようになりました。
それはアメリカ生まれのコーラなのですが、自家製のクラフトコーラとなっているのがポイント。
2010年に食品衛生法が改正をされたことで、どなたでも色んな食品を生み出して提供ができるようになりました。
クラフトコーラはもっとも安価で作りやすく、昨今では400か所の施設で販売をされているほどです。
簡単に美味しい飲み方をご紹介すると、クラフトコーラを使ったカクテルがあります。
レシピは通常のお酒を用いるカクテルと大差はありませんが、ノンアルコールで未成年でも安心して口にすることが可能。
用意をするのはクラフトコーラといちご・レモンなどのフレーバーで、炭酸水も別途追加をします。
軽くシェイクをするのですが、10秒以内で完了をさせないと吹きこぼれる恐れがあるので注意。
あとはミントやバジルの葉を添えて飲むだけです。
誕生会などで親がお子さんに振舞うといいです。

クラフトコーラにココナッツリキュールを加える

クラフトコーラはさまざまなアレンジを加えて楽しむこともできます。
炭酸水で割るのが一般的な飲み方ですが、リキュールなどをプラスすれば、味を変えることができます。
クラフトコーラに入れれば味を変えられるリキュールとしておすすめできるのはココナッツリキュールです。
ココナッツリキュールは、ココナッツを原料として作られているお酒です。
木の実独特の味わいを楽しめることがこのお酒の特徴になっていて、木の実の風味が好きな人にも人気があるお酒です。
クラフトコーラを使用すれば、マリブコーラも簡単に作れます。
マリブコーラとはアメリカ合衆国の西部にあるマリブという町にちなんでつけられたカクテルのことです。
ココナッツリキュールやコーラなどを材料に使用して作られるカクテルで、木の実とコーラの美味しさを一緒に味わうこともできます。
外国でも非常に人気があるカクテルで、最近では国内でも人気が上昇しています。
幅広い年代の人が楽しめる飲み物です。

クラフトコーラをウイスキーで割る

クラフトコーラは職人が作るコーラや手作りのコーラなどの意味があり、明確な定義はないものの大手飲料メーカーが生産するコーラと対比して使用されることが多いです。
製造するメーカーによって味には個性があり、原材料や製造方法など独自のこだわりを持つ商品もありブームとなっています。
コーラは元々はアメリカで販売を開始した炭酸飲料で、甘みとキレのある味が人気で日本でも人気があります。
クラフトコーラと一括にしても様々な種類がありますが、多くがシロップとして販売していて炭酸飲料で割ったり牛乳やお酒と合わせて飲むのが人気です。
数ある飲み方のうちで今お酒好きの人達を中心に、熱い注目を集めているのがクラフトコーラをウイスキーで割って飲むことです。
ウイスキーの一種であるバーボンは甘みを感じやすく、クラフトコーラとの相性も良いです。
炭酸特有のシュワッとした口当たりを残す為にも、炭酸が飛ばないようにグラスを傾けながらゆっくりと入れて混ぜるのがおすすめです。

クラフトコーラの賞味期限はどのくらい?

クラフトコーラの賞味期限ですが、商品として購入した場合は製品に明示されているはずですのでそれに従います。
開封前であれば数か月程度、開封後は飲み切りとするか、余った分は冷蔵庫で保存の上で可能な限り速やかにというのが一般的です。
一方、クラフトコーラは手作りも可能で、この場合の賞味期限はどの程度なのか気になる人もいるかもしれません。
手作りする場合、普通は保存料とか防腐剤などを入れることはありませんので、そのようなものを添加している市販品以上に腐敗しやすくなります。
種々のスパイス類は一種の防腐効果を持つものもありますがあまりに頼りすぎることはできませんし、砂糖を加えているのであればなおのことです。
作った後は冷蔵庫で保管の上、1週間程度を目安に飲み切るようにしたほうが無難でしょう。
ある程度長期間保存したものは、飲む前にしっかりと味やにおいを確かめ、少しでもおかしいと感じたら思い切って捨てることも必要です。

クラフトコーラのカロリーはどのくらい?

クラフトコーラのカロリーはどれくらいなのか、ダイエットをしているような人は気になるかもしれません。
クラフトコーラと言っても明確な規格があるわけではなく、メーカーによって原材料は異なりますので明確な答えは出せないのですが、ゼロあるいはほぼゼロということもあります。
よく用いられる原材料はシナモン・クローブ・カルダモンなどのスパイス類と、レモンなどの柑橘類です。
スパイス類は香辛料ということで強い風味がありますが、別に糖質・脂質・タンパク質のどれにも該当しないものがほとんどであり、カロリー的にはゼロとなります。
レモンなどの柑橘類は、酸味からは想像しにくいかもしれませんが果汁は実は意外と糖質を含むものの、使用量は大したことはありませんのでカロリーは高くなりません。
ただ、製品によってはこれに砂糖など糖質を追加しているものもあって、それは要注意ではあります。
一方でゼロカロリーの甘味料を使っているものもあります。

クラフトコーラを使ったカクテルレシピ

若い世代を中心に、新感覚の飲料水に人気が集まるようになりました。
それはアメリカ生まれのコーラなのですが、自家製のクラフトコーラとなっているのがポイント。
2010年に食品衛生法が改正をされたことで、どなたでも色んな食品を生み出して提供ができるようになりました。
クラフトコーラはもっとも安価で作りやすく、昨今では400か所の施設で販売をされているほどです。
簡単に美味しい飲み方をご紹介すると、クラフトコーラを使ったカクテルがあります。
レシピは通常のお酒を用いるカクテルと大差はありませんが、ノンアルコールで未成年でも安心して口にすることが可能。
用意をするのはクラフトコーラといちご・レモンなどのフレーバーで、炭酸水も別途追加をします。
軽くシェイクをするのですが、10秒以内で完了をさせないと吹きこぼれる恐れがあるので注意。
あとはミントやバジルの葉を添えて飲むだけです。
誕生会などで親がお子さんに振舞うといいです。

クラフトコーラにココナッツリキュールを加える

クラフトコーラはさまざまなアレンジを加えて楽しむこともできます。
炭酸水で割るのが一般的な飲み方ですが、リキュールなどをプラスすれば、味を変えることができます。
クラフトコーラに入れれば味を変えられるリキュールとしておすすめできるのはココナッツリキュールです。
ココナッツリキュールは、ココナッツを原料として作られているお酒です。
木の実独特の味わいを楽しめることがこのお酒の特徴になっていて、木の実の風味が好きな人にも人気があるお酒です。
クラフトコーラを使用すれば、マリブコーラも簡単に作れます。
マリブコーラとはアメリカ合衆国の西部にあるマリブという町にちなんでつけられたカクテルのことです。
ココナッツリキュールやコーラなどを材料に使用して作られるカクテルで、木の実とコーラの美味しさを一緒に味わうこともできます。
外国でも非常に人気があるカクテルで、最近では国内でも人気が上昇しています。
幅広い年代の人が楽しめる飲み物です。

クラフトコーラをウイスキーで割る

クラフトコーラは職人が作るコーラや手作りのコーラなどの意味があり、明確な定義はないものの大手飲料メーカーが生産するコーラと対比して使用されることが多いです。
製造するメーカーによって味には個性があり、原材料や製造方法など独自のこだわりを持つ商品もありブームとなっています。
コーラは元々はアメリカで販売を開始した炭酸飲料で、甘みとキレのある味が人気で日本でも人気があります。
クラフトコーラと一括にしても様々な種類がありますが、多くがシロップとして販売していて炭酸飲料で割ったり牛乳やお酒と合わせて飲むのが人気です。
数ある飲み方のうちで今お酒好きの人達を中心に、熱い注目を集めているのがクラフトコーラをウイスキーで割って飲むことです。
ウイスキーの一種であるバーボンは甘みを感じやすく、クラフトコーラとの相性も良いです。
炭酸特有のシュワッとした口当たりを残す為にも、炭酸が飛ばないようにグラスを傾けながらゆっくりと入れて混ぜるのがおすすめです。

クラフトコーラの賞味期限はどのくらい?

クラフトコーラの賞味期限ですが、商品として購入した場合は製品に明示されているはずですのでそれに従います。
開封前であれば数か月程度、開封後は飲み切りとするか、余った分は冷蔵庫で保存の上で可能な限り速やかにというのが一般的です。
一方、クラフトコーラは手作りも可能で、この場合の賞味期限はどの程度なのか気になる人もいるかもしれません。
手作りする場合、普通は保存料とか防腐剤などを入れることはありませんので、そのようなものを添加している市販品以上に腐敗しやすくなります。
種々のスパイス類は一種の防腐効果を持つものもありますがあまりに頼りすぎることはできませんし、砂糖を加えているのであればなおのことです。
作った後は冷蔵庫で保管の上、1週間程度を目安に飲み切るようにしたほうが無難でしょう。
ある程度長期間保存したものは、飲む前にしっかりと味やにおいを確かめ、少しでもおかしいと感じたら思い切って捨てることも必要です。

クラフトコーラのカロリーはどのくらい?

クラフトコーラのカロリーはどれくらいなのか、ダイエットをしているような人は気になるかもしれません。
クラフトコーラと言っても明確な規格があるわけではなく、メーカーによって原材料は異なりますので明確な答えは出せないのですが、ゼロあるいはほぼゼロということもあります。
よく用いられる原材料はシナモン・クローブ・カルダモンなどのスパイス類と、レモンなどの柑橘類です。
スパイス類は香辛料ということで強い風味がありますが、別に糖質・脂質・タンパク質のどれにも該当しないものがほとんどであり、カロリー的にはゼロとなります。
レモンなどの柑橘類は、酸味からは想像しにくいかもしれませんが果汁は実は意外と糖質を含むものの、使用量は大したことはありませんのでカロリーは高くなりません。
ただ、製品によってはこれに砂糖など糖質を追加しているものもあって、それは要注意ではあります。
一方でゼロカロリーの甘味料を使っているものもあります。

クラフトコーラに関する情報サイト
クラフトコーラマニア

このサイトでは、クラフトコーラに関する情報をまとめてご紹介しています。
このタイプのコーラはどのような商品かについてもご紹介しています。
どのような味がするのかという情報や、美味しい味わい方と作り方に関する情報もご紹介しているサイトです。
このコーラは作り方がとても簡単という情報もご紹介しているので、作る時の参考にできます。
このコーラをコーヒーで割ると大人の味わいになるという情報も紹介されているので、興味のある方はぜひ試してみてください。

Search